header logom-header tel

header bt

地上測量

当社の基幹技術ともいうべき地上測量部門。その技術ノウハウによって長年にわたり蓄積された膨大なデータは、各方面から高い評価を頂いています。

コンピュータマッピングとの連動によるトータルステーションシステムで測量を実施。また、人工衛星によるGNSS測量を取入れ、最新の測量情報を提供しています。

取得した位置情報はGⅠS(地理情報システム)の基礎データとなり、道路・河川・用地等、各種の管理システムに応用され、情報化社会の一翼を担う重要な情報となっています。

優れた技術で社会のニーズに応える創造性と使命感をもって事業を展開しています。

地上測量

地上測量

 

 

 

基準点測量

基準点測量には、位置を表すための基準点測量、高さを表すための水準測量の2つの基礎となる測量があります。

基準点測量

基準点測量は、測量の仕事を行う上で位置を表すための最も基礎となる測量です。
トータルステーション(TS)、人工衛星を使用するGNSS測量(Global Navigation Satellite  System)等を使用して角度・距離や人工衛星からの信号を測定することにより地球上での位置を求める測量です。

 

水準測量

水準測量は、水準儀(レベル)標尺(2本)を使い基礎となる点と高さを知りたい点の測定値の差から標高を求める測量です。富士山の高さなど全国の土地の高さは、東京湾の平均海面を基準(標高0m)として測られています。

 

 

現地測量

現地測量は、トータルステーション(TS)/RTK法/ネットワーク型RTK法などを用いて、現地の地物を測定し取得したデータを基に精度の高い地形図(数値地形図データ)を作成する測量です。

 

応用測量

応用測量には大きく分け道路・水路・鉄道建設等の計画・設計などに用いられる路線測量、河川・海岸等の調査・計画・管理等に用いられる河川測量、道路などの新たな建設や交通渋滞緩和のための拡幅工事に当たり用地取得等に必要な資料を作成するための用地測量があます。

 

路線測量

路線測量は、線形決定、中心線測量、縦断測量、横断測量などを行い設計計画に必要な現地データを詳細に取得する測量です。

 

 

河川測量

河川測量は、定期的に河川の断面、水位、深さなど維持管理に必要なデータを取得、調査する測量です。

 

 

用地測量

用地測量は、土地の取得・売買・管理に係る必要な資料調査及び実測図面を作成する測量です。

 

 

 

 

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC