設計

当社設計部門では、道路、河川、海岸の概略・予備・詳細設計や上下水道の設計、橋梁・擁壁等の土木構造物の設計など公共関連分野の施設設計を中心として、民間分野の多様な事業まで、幅広く事業を展開しています。


また近年、環境問題に対する意識の高まりにより、“自然にやさしい"設計・施工が求められると共に、住民参加型の公共事業が増加し、アカウンタビリティ(説明責任)が重視されつつあります。

pl1
このような要請に対し当社では、CG(コンビュータグラフィックス)技術を駆使してフォトモンタージュや三次元動画による景観シミュレーション映像も作成しています。 pl2

道路・交通計画

道路交通・公共交通の計画・調査・解析

安全かつ円滑な交通を確保するため、交通量や道路状況の調査・解析を行い、地域に最適な交通計画を提案します。

道路設計

ルート検討のための概略設計、ルート決定後、より精度を高める予備設計、工事実施のための詳細設計を行います。

道路・交通計画

上下水道計画

上水道設計・下水道設計

上水道・下水道の整備率は文明のバロメーターとも言われます。これらを設計する技術力で市民生活を支えています。

上下水道計画

災害復旧・調査

災害復旧調査・設計

台風や地震、地滑りや豪雨が引き起こした自然災害から、社会インフラを速やかに復旧するための現地調査や設計を行います。
災害復旧・調査

構造物

一般構造物設計

擁壁・水路・函渠・法面防護・落石防護など、安全で快適な市民生活を支える様々な土木構造物を設計します。

土木構造物のアセットマネジメント

蓄積された社会基盤を後世に引き継いでゆくため、土木構造物の調査・点検を行い、ライフサイクルコストを最小化する方策を提案します。

構造物

河川・砂防・海岸

水門・せき・築堤・護岸等の計画・詳細設計

治水・利水・治山・砂防・海岸保全は、四方を海に囲まれ、急峻な地形が多い我が国の宿命とも言えます。これらに対処する最適な計画・設計を行います。

河川・砂防・海岸

土質・基礎

土質調査・各種基礎・軟弱地盤等の解析

様々な社会基盤の整備には、それらを支える地盤の状態を詳細に知ることが大切です。地盤・土質調査を行い、それらを解析し最適な構造物を設計する資料を提供します。
土質・基礎