header logom-header tel

header bt

地理情報システム"KITE"

Kite(カイト)

Kite(カイト)とは、地図や図面を利用して業務を行う自治体様や一般企業様の日常業務の大幅軽減・改善、施設の管理運用保全、お客様サービス向上、経費削減を目的として、当社で販売・保守を行っている地理情報システム(以下、GIS)です。
業務で使用している台帳上のデータ(例:マンホールの大きさや水道管の長さ・深さ、土地の面積など)の電子化を行い、対象物の完成図や縦横断面図などの図面や現場写真、航空写真をファイリングし、一元管理を行うことが可能です。
データベース化された数値情報と画像情報をGISの特徴である地図上での検索、図形編集などの機能とつなぎ合わせることで、対象物の位置関係を視覚的に把握し、情報管理を行うことが可能になります。

 

使用目的に合わせたシステム(単独型、ネットワーク型、WEB型)をご用意しております。
お客様のご要望に合わせてシステム設計を承ります。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

ill21

単独型GIS(スタンドアロン型)

システムの起動や地図の参照にネットワークを必要としないタイプです。

パソコン版

1台のパソコンで1つのシステム利用を目的としています。LANやインターネットに接続しなくてもシステム利用が可能なことから、ネットワーク環境を考慮せずにシステムを利用することが可能です。
単独利用を行うことで、他ネットワークやインターネットからの不正アクセスによる情報漏洩やウイルス感染に対するリスクを軽減することができます。

ill231

 

タブレット版

単独型はAndroidタブレットにも搭載可能です。単独で起動しますので、電波の有無にかかわらず使用することが可能で、持ち運びに便利なタブレットの利点を最大限に発揮できます。
パソコン版とのデータ連携機能も搭載していますので、現地でタブレットに入力したデータをパソコンで集計するといった調査業務などにもご活用いただけます。

ネットワーク型GIS

ネットワーク上で複数の利用者がデータを閲覧、編集する用途に適したタイプです。
データの登録や、現地確認結果の反映等の作業を複数の担当者で分担している場合でも、情報を一元管理するので、データ容量の無駄と最新版管理、バックアップの手間を省けます。
一般的に、データを管理するサーバはパソコンよりも信頼性の高いものを使用するので、ハードウェアの故障によって住民対応が遅れるといったトラブルに対する予防策にもなります。

ill232

Web型GIS

インターネットに接続可能な環境があればパソコン・スマートフォン・タブレットで、どこでも利用できるタイプです。特別なソフトをインストールすることなく、ご利用になれます。

住民要望の受付、地域公共サービスの配信など、不特定多数の利用者に地理情報を提供する際にご活用いただけます。

モバイル機器との親和性が高く、スマートフォンのGPSや写真に付加された位置情報との連携が実現できます。

 

ill24

弊社では多様な地図エンジンを駆使して、お客様に最適のシステムを構築致します。

対応可能エンジン

・GGS
・Google Maps
・MapServer
・OpenLayers
・OpenStreetMap

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC